スタッフブログ

宇都宮市と福岡の意外な共通点

Date / 18.11.26

 こんにちは。技術部の増尾です。
 先日、自動計量機プチスケールの仕事で宇都宮方面に出張に行った際、休日移動だったため宇都宮城跡に行ってみました。堀、土塁や櫓等を再現していますが、すぐ隣に住宅が並んでおり観光地というよりは公園という感じでした。

 歴史資料室があり、ボランティアの方が説明をしていたので、少し話を伺いました。その中で印象的だった話しがあったので、ご紹介します。宇都宮城は平安時代のころから宇都宮氏の館だったそうですが、豊臣秀吉が天下を取った頃にお家の取りつぶしがあったそうで、
今の宇都宮市には宇都宮という苗字の方は少なく、逆に福岡の方が多いということを聞いて驚きました。
 なんでも、鎌倉時代、元寇があった際に宇都宮氏も防衛のため北部九州に遠征をしたそうで、その時の子孫が福岡にいるためとのことでした。

 ためしに郵便局のホームページにある「ニッポンの苗字」というサイトで調べてみると、人口の多さで愛媛、大阪に次いで3番目に福岡が多いみたいです。福岡と宇都宮の意外な共通点があって非常に面白かったです。また、宇都宮城跡のボランティアの方にも親切に教えて頂き大変参考になりました。


Date / 18.11.19

おはようございます。購買チームの竹永です。

早いもので入社して2年目の年が終わろうとしています。最初は不安でしたが、いろんな種類の自動計量機「プチスケール」に関わってきて2年間はとても早かったように思います。

さて、あと一ヶ月ちょっとでお正月が来るわけですが、私が所属しているサッカーチームでは毎年1月2日に試合を行う、初蹴りという物が恒例行事になってます。正直かなり寒いです。震えながらの試合は大変ですが、毎年かなりの人数が集まります。とにかく風邪だけには気をつけて楽しみたいと思います。

秋深し

Date / 18.11.12

東京営業所の服部です。東京より秋をお届けします。

今週は甲信越へ営業出張でした。紅葉も深まり平日なのに景勝地は結構人集りでした(外人ばかりです・・・) 今週プログ当番でしたので、何とか秋の風景を届けたいとキョロキョロしてましたが生憎の曇り空です。晴れた瞬間に何とか2枚の写真を撮りました。
1枚目は日が暮れる寸前の長野県の諏訪湖です。日が暮れると花火が上がってました。(イイネ~ )

2枚目は山梨県富士吉田市の川口湖から見た富士山です。お昼に撮影(イイネ~)

一応、仕事ですから。
その後は急遽関西に予定が入ったので急ぎ東京へ戻り、夜に関西移動となりました。少し秋の京都を見て来ます。

企業祭

Date / 18.11.02

おはようございます。

11月3日と4日に八幡東区中央町周辺で企業祭2018が開催されます。ホームページからの情報ですが、北九州の秋の祭りを代表するお祭りで、明治34年11月18日に、官営八幡製鐵所が作業開始式を挙行したのが始まりで、以前は、11月18日を中心に、その前後あわせて3日間開催されていたようです。昭和60年から市民の祭りに生まれ変わったようです。
自分は、3日にある新日鐵住金の工場見学を楽しみにしていたのですが、今年は、明治元年から150年にあたり、その節目を記念して、世界文化遺産に登録された 「旧本事務所」の見学会をおこなうようで、戸畑工場の「高炉・熱延工場見学会」は実施しないようです。少し残念ですが、文化遺産の見学に行こうかと思います。
古いと言えば、プラスワンテクノも古い計量機のプチスケールに使用している 旧基板と言っている基板を使用した計量機のサポートを終了することになりました。技術が進化して、古い部品が供給されなくなり、メンテナンスが不可能になったためです。古い計量機を使用されているお客様には、新しい計量機に更新していただけるよう弊社営業が訪問するように考えているようです。
私が入社時は新しい技術の部品だったのに今では技術がどんどん進化して需要が無くなりとても残念です。

以上吉田でした。

進化し続けている!

Date / 18.10.31

おはようございます、本日は事務所の羅(ナ)が担当いたします。

先日備品等の購入でよく使っていた某ショッピングサイト のビジネス会員登録をしました。早速使ってみようと!でも支払いページでつまずいてしまいました(^_^;) よくある質問などを読んでみたけどよく分からず、問い合わせしてみることに。

おすすめ問い合わせ方法として電話問い合わせがあったので“今すぐ電話がほしい”ボタンをクリックしたところ、私が入力した電話番号宛に直ちに電話がかかってきました!お客さんから電話をかけるのではなく、お客さんにかけてくれるんですね!電話をかける手間も省けて、またボタンをクリックして3秒後にかかってきたので非常に感動しました。大手のカスタマサービスなどに電話した際、結構込み合っていて何十分も待たされた経験があったので本当にうれしかったです。
また、PC購入のためPCメーカー問い合わせを利用した際も、リアルタイムで担当者とチャットが出来たので助かりました。仕様などを説明するための資料を添付することもできてすごく便利!

問い合わせ方法って様々な形で進化し続けているんだなと思いました。弊社の自動計量機「プチスケール」や短管計測・再現装置「パイプフォーム」は電話や当ホームページを経由した問い合わせ方法を使っていますが、その対応の際にもっとお客様に手間がかからない、喜んでいただけるようにしていきたいと思います。


資料請求お問い合わせ