宇都宮市と福岡の意外な共通点

 こんにちは。技術部の増尾です。
 先日、自動計量機プチスケールの仕事で宇都宮方面に出張に行った際、休日移動だったため宇都宮城跡に行ってみました。堀、土塁や櫓等を再現していますが、すぐ隣に住宅が並んでおり観光地というよりは公園という感じでした。

 歴史資料室があり、ボランティアの方が説明をしていたので、少し話を伺いました。その中で印象的だった話しがあったので、ご紹介します。宇都宮城は平安時代のころから宇都宮氏の館だったそうですが、豊臣秀吉が天下を取った頃にお家の取りつぶしがあったそうで、
今の宇都宮市には宇都宮という苗字の方は少なく、逆に福岡の方が多いということを聞いて驚きました。
 なんでも、鎌倉時代、元寇があった際に宇都宮氏も防衛のため北部九州に遠征をしたそうで、その時の子孫が福岡にいるためとのことでした。

 ためしに郵便局のホームページにある「ニッポンの苗字」というサイトで調べてみると、人口の多さで愛媛、大阪に次いで3番目に福岡が多いみたいです。福岡と宇都宮の意外な共通点があって非常に面白かったです。また、宇都宮城跡のボランティアの方にも親切に教えて頂き大変参考になりました。


バックナンバー


資料請求お問い合わせ