計量の奥深さ

こんにちは。技術部の林です。

先日、自動計量機『プチスケール』にて計量テストを行うことが有りました。テストする材料は、同一品種でも形状違いの3タイプでしたが、形や厚みなどがそれぞれ違うものでした。材料個体の重さだけで無く、形状も計量に影響することが解り、いろいろと勉強になりました。


既に弊社の自動計量機『プチスケール』を、お使いの方はご存知だと思いますが、固体重量が同じ材料でも、形状が大きくなると、パイプフィーダへ取り込み難くなります。材料の形状が変わった場合、同じ計量重量でも、設定値、パイプフィーダ角度・スピードなどにも変更が必要となることもあり、注意が必要です。


まだまだ勉強が必要な部分も多く、奥の深い自動計量機『プチスケール』だなと、感心させられました。

バックナンバー


資料請求お問い合わせ