スーパースケール

スーパースケール-10p20

スーパースケール

プチスケールを向かい合わせて設置することで排出口を増やしました。高速計量のニーズに対応した計量機(計量器)です。

製品概要

スーパースケール 製品概要


ホッパー内のワークが回転するインぺラーによりパイプフィダーへと搬送され、パイプフィーダにより計量バケットへ切り出されます。ロードセルで重量を監視していますので、任意の重量に到達すると切り出しを停止します。


パイプフィーダー式計量機のメリット

  1. 原料の破損が少ない
  2. フィーダ内でワークが均一化される(安定した切り出しが可能)
  3. 重量監視の為、タッチパネル上からの任意設定可能
  4. ワークの油分やロット変化による影響が小さい(重量設定の為)
  5. ワーク通過部は工具レスでの脱着・水洗い清掃が可能
  6. 省スペース
  7. データ管理機能付き(充填重量・充填時間を自動ログ)


スーパースケールの特長

株式会社トパック様との共同開発を行い、これまで困難とされていたロータリー式包装機への計量機の組み込みを実現しました。

計量機はパイプフィーダを特殊に配列することで300回/分のスピードを確保し、パイプフィーダ角度の自動化(プチスケールでは手動)や清掃メンテナンス性向上の為、本体スライド式採用など、機能の追加をしています。

設置例

スーパースケール外形図

型式 PSα-10P10W
(10gタイプ)
PSα-30P10W
(30gタイプ)
秤量範囲 10P:0.1g~20.0g 30P:0.1g~40.0g
秤量容積 10P:60cc 30P:160cc
計量分解能 0.0025g
最少重量入力 0.01g
使用温度範囲 0~40℃
使用湿度範囲 30~60%
使用電源 単相AC200V 50/60Hz 5A
重量センサ Load cell


資料請求お問い合わせ